Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > > 美味しく楽しく、輝く毎日を。
- 33 AOJIRU TOKYO -

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2021年05月25日
美味しく楽しく、輝く毎日を。
- 33 AOJIRU TOKYO -

みなさま、こんにちは。

ミッドタウン・コンシェルジュです。

1aojiru.jpg

緑が鮮やかな季節になりましたが、ステイホームやリモートワーク、おうち時間も増えて、体調を崩されたりしていませんか?

日頃から意識的に健康を維持するのは、なかなか難しいですよね。


そこで本日は、2021116日にオープンしたこちらの店舗をご紹介したいと思います。


2aojiru.jpg

33 AOJIRU TOKYO(サンサン アオジル トウキョウ)」ガレリアB1


店名の通り「青汁」を使ったドリンクやフードをご提供しています。

まだ青汁を飲んだことがないという方も、『アサヒ緑健の緑効青汁』という名前をお聞きになったことはありませんか?

そう、あの青汁専門会社が運営する青汁カフェなのです。


3aojiru.jpg

ご提供するすべてのドリンク・フード・スイーツに、20年以上に渡り作り続けている、こだわりの青汁が使われています。

美味しいだけではなく健康づくりもサポートしてくれるなんて、良いことづくしですね。


とは言え...じつは私も、これまで「青汁」というものを飲んだことがありませんでした。

「苦い?青臭い?美味しくない?」そんな先入観で、興味はありつつも手を出せずにいたというのが正直なところ。

もしかしたら、同じように感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。


ところが、この「33 AOJIRU TOKYO」がオープンしたことで、私の「青汁」に対する勝手なマイナスイメージは、完全にプラスイメージに変わりました。

それどころか、すっかりその魅力にハマっております。


私のいちばんのお気に入りは、「冷たい青汁ラテ」です。

4aojiru.jpg

■青汁ラテ(ICE)・・・560円(※)


想像していた苦みや青臭さはまったくなく、お抹茶ラテのように飲みやすく、初めていただいたときには、これが青汁なのかと驚きました。


以来「冷たい青汁ラテ」の大ファンとなった私から、秘密(?)をひとつお伝えします。

健康を考えて選ばれる方も多いことから甘さ控えめにつくられている「青汁ラテ」ですが、「甘めで」とお願いすると、シロップを入れた甘~いラテを作ってもらえます。

小腹も満たされ疲れも癒され、お仕事帰りにおすすめの一杯。甘いものがお好きな方は、ぜひリクエストしてみてくださいね。


他にも「青汁レモネード」や「青汁スムージー」など、常時14種類のドリンクをご用意しています。


さて、「青汁」と言ってもドリンクだけではございません。

今回はフードメニューもテイクアウトしましたので、ご紹介いたします。

5aojiru.jpg


まずは、店舗スタッフもイチオシの、こちら。

6aojiru.jpg

■ベジタブルサンド・・・680円(※)

六穀パンを使用し、具材はアボカド、レッドキャベツスプラウト、人参、キュウリ、パプリカ(赤・黄)、レタス。色あざやかで見るからに健康的な印象です。

ひとくち食べると、口いっぱいにお野菜のみずみずしい食感と美味しさが広がります。生野菜には塩もなにも加えていないと伺いましたが、味に物足りなさはまったく感じません。

パンの甘みとパンに塗られた青汁入りの豆乳クリームが、絶妙なバランスでお野菜の美味しさを引き立てているのです。

罪悪感なく頬張れるのも嬉しいところ、これはクセになります。


ボリュームもあり、お腹も満足なのですが...ちょっと欲張って、もうひとついただきます。


お客様の人気ナンバーワンが、こちら。

7aojiru.jpg

■サーモン&クリームチーズバーガー・・・680()

サーモンとクリームチーズ、間違いない定番の組み合わせですよね。でも、そこは「33 AOJIRU TOKYO」、クリームチーズにも青汁が混ぜ込まれていて、甘みの中に感じるほんのりとした苦みがバンズ(よもぎ入り)との相性も良く、かなり良い仕事をしています。

これはぜひ真似したくなるアイディアですね。


そう、青汁は飲むだけではなく、さまざまなお料理やお菓子作りにも使える万能選手なのです。アサヒ緑健公式ホームページには、さまざまな青汁(粉末)を使ったレシピがご紹介されています。

店頭では10包パック(ミッドタウン店限定パッケージあり)からご用意しているので、お気軽にお試しいただけます。父の日のプレゼントにもおすすめです。

8aojiru.jpg


9aojiru.jpg


33 AOJIRU TOKYO」、いかがでしたか?

店名には「燦々(さんさん)と輝く毎日を応援」という意味が込められているそうです。

毎日の食事から、美味しく楽しく健康管理ができたら嬉しいですね。

※表記価格は8%の税込、店内でご飲食の場合は10

※掲載写真内に一部期間限定メニューあり



33 AOJIRU TOKYO  ガレリアB1

https://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP00210001/

 
About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed