Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > コンシェルジュのおすすめ > 手洗い習慣が楽しくなるような、「お気に入りの1枚」を。
- テーマ:ハンカチ -

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2020年11月09日
手洗い習慣が楽しくなるような、「お気に入りの1枚」を。
- テーマ:ハンカチ -

みなさまこんにちは。ミッドタウン・コンシェルジュです。


11月に入り、寒さもずいぶん増してきたように感じます。

コロナウィルスの感染状況もなかなか落ち着きが見られない中、さらにインフルエンザも心配な時期になりました。

これまで以上に手洗いうがいを心掛け、ウィルスから身を守りたいですね。


手を洗う機会が増えると使うことが増えるものといえば...そう、「ハンカチ」です。

寒くなると自然乾燥では手荒れの原因にもなりますし、手洗い後はしっかりと水分を拭きとってケアをしたいところ。

でも、ハンカチって意外と、忘れてしまいがちなんですよね。

実際に、「持ってくるのを忘れた」と買いにいらっしゃるお客様も少なくないようです。


そこで今回は、定番アイテムとしてご用意のある店舗をいくつか巡ってみました。

持つのが楽しみになるような、「お気に入りの1枚」を見つけてみましょう。


STYLE MEETS PEOPLE」 ガレリア3F

1hand.jpg

New York生まれのブランド直営の、インテリアライフスタイルショップ。

『relaxury/リラグジュアリー=relax + luxury for mind + body』をコンセプトに、上質なくつろぎの時間を提案するアイテムを多数ご用意しています。

2hand.jpg

スタイリッシュな雑貨やアーティストの作品などを取り扱い、こだわりのプレゼントをお探しの際にもご紹介したいお店です。


大人の雰囲気漂う上質空間より、おすすめのハンカチがこちら。

3hand.jpg

orit-播州織-kin 各2,000円(税抜)>

兵庫県・播州地域(北播磨)で200年以上前から続く伝統ある綿織物「播州織」。織りで表現されたグラデーションは、美しくやや光沢があり高級感も感じられます。

素材は綿100%、通常のハンカチよりも大きめの約53㎝角。

スカーフのように首に巻いたりカバンに結んだりと使い回しのきくアイテムです。

カラーは全部で12色、どの色味もとても素敵ですね。

4hand.jpg

プレゼントにもおすすめです。お使いになる方のイメージに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。


中川政七商店街」 ガレリアB1

5hand.jpg

質の高さから「最上の麻」と評された、奈良晒(ならざらし)。その黄金期に始めた商いが、300年の時を経て現在まで繋がっています。

『日本の工芸を元気にする』をビジョンに、日本全国の産地から人の手によって生み出される「工芸」が100年後も人々の暮らしと共にあるように、産地と共に取り組んでいます。

6hand.jpg

思わず手に取りたくなるような、温もりを感じられる雑貨がいっぱい。

いまの季節は、心までほっこりと温かくなりそうなアイテムも揃っています。


こちらのハンカチは、「何種類」とは言えないくらい色や柄が豊富なんですよ。

7hand.jpg

<ハンカチ"motta" 各種 1,200円(税抜)~ >

「肩ひじはらないハンカチ」をコンセプトに、ハンカチを日本の文化としてあらためて広げるために立ち上げられたオリジナルブランド、その名も「motta(モッタ)」。いつの時代も「ハンカチ持った?」と当たり前に聞こえてくる日本であるようにとの願いが込められているなんて、素敵だと思いませんか?

8hand.jpg

麻や綿などの天然素材の中でも、吸水性が良く乾きやすい素材を選んで使用。大きさはすべて約44㎝角。大きすぎず小さすぎず、使い勝手の良いサイズ感です。お弁当箱を包むのにも良さそう。

使うほどに柔らかくなり、風合いも愛着も増していく日常づかいのハンカチ。その日の気分に合わせて選びたくなりますね。


テネリータ」 ガレリア3F

9hand.jpg

『ものづくりのすべての工程において、人や環境に負担がかかるものをできるだけ取り除きたい』という考えのもと、厳選された原料を使用し、安全で質の良い製品をお届けしています。

10hand.jpg

"いつもそこにあるもの"にこそ上質さを求める。毎日の生活がゆたかになる。そんな理想の暮らしを実現できる、タオルなどの生活雑貨を多数ご用意しています。


多種多様なタオルハンカチの中から、今回ご紹介するのはこちら。

11hand.jpg

<パイルガーゼレース刺繍ハンカチ 各1,500円(税抜)>

女性に贈る一枚としてデザインされました。表はガーゼ、裏はパイル、異なる特性をお楽しみいただけます。

ホワイトの糸で刺繍されたイニシャルがポイント。ご自分用としてはもちろん、大切な方へのプレゼントにも素敵ですね。

また、この他のタオルハンカチにも、お名前やお好きな文字を有料でお入れできます。フォントやサイズ、糸の色もたくさんの中から選ぶことができ、1週間から10日ほどで特別な一枚ができあがります。

12hand.jpg

世界最高クラスのタオル技術を誇る、今治産。オーガニックコットンを100%使用、大きさは約25㎝角。

周囲に施されたレースが、使うたびにしあわせな気持ちにさせてくれそうです。


45R」 ガレリア 1F

13hand.jpg

『この地球で服を着るのはヒトだけ。だからこそ、丈夫で着心地の良い服を、あたらしいのに懐かしい服を、作るよろこび、着ていただくよろこび、そうしたよろこびをお客様と共有したい』という願いを込めて、「ソウルカラー」である「藍・インディゴ」の製品を中心に、日本のものづくりの素晴らしさを世界に発信しています。


そんな、ファッション店舗からのおすすめはこちら。

14hand.jpg

<インドカディのバンダナ 各6,000円(税抜)>

「ハンカチ」というよりは「バンダナ」と呼ぶのがふさわしい、約56㎝×55㎝のサイズ。

インドにて手紬ぎ手織りにこだわって作られている「カディ」は、もめん100%でシャツにも使用されています。ふんわり風を通す透明感のある生地に手作業ならではの色ムラが加わり、ひとつひとつに個性が生まれます。縁をしっかり三つ巻に仕上げ、ぷっくり感を出す、そんなこだわりにも注目してくださいね。

15hand.jpg

バンダナの種類は豊富で、麻の入ったものや、Tシャツに使われる天竺を使用したものなどさまざま。中でも「カディ」は吸水性が良く乾きやすいため、ハンカチとしてお使いいただくのにおすすめだそうです。

もちろん、ハンカチとしてだけではなく、ぜひファッションアイテムとして楽しんでいただきたく、いろいろな取り入れ方をディスプレイにてご提案しています。

16hand.jpg

首に巻いてシャツの襟もとからのぞかせたり、デニムのポケットにさりげなく挿してみたり。

なるほど、それだけでオシャレ度がアップしますね。


いかがでしたか?

気になるものが見つかりそうでしょうか。

ぜひ、店舗にて実物をご覧になってみてくださいね。


館内には、この他にもハンカチを取り扱う店舗がございます。

毎日の手洗い習慣が楽しくなるような、「お気に入りの1枚」に出会えますように。

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed