Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > コンシェルジュのおすすめ > 想い出の香りを纏うしあわせ
-Bonpoint‐

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2019年08月20日
想い出の香りを纏うしあわせ
-Bonpoint‐

こんにちは。ミッドタウン・コンシェルジュです。

皆さま、いかがお過ごしですか?
19ボンポワン01.JPG

陽射しが強く、蒸し暑い日が続いていますね。


そこで今日は、気分を癒してもらえる、こちらの店舗をご紹介したいと思います。

19ボンポワン02.JPG

Bonpoint」(ガレリア1F)

2019年4月4日にオープンした、フランス発の高級子供服ブランド。

じつは2014年と2018年にポップアップショップが出店されたこともある、ミッドタウンとはご縁のある店舗なのです。

オープン前には、お客様より多数お問い合わせをいただき、心待ちにされているファンが多くいらっしゃることを実感いたしました。

19ボンポワン03.JPG

さかのぼること1975年、ボンポワン・ブティックの1号店がパリにオープンしました。

ボンポワンのデザインは、このパリにある、アトリエから生まれます。

お子様の年代に合わせてひとつひとつ型紙が作られ、出来上がったものは、赤ちゃんや子供たちへフィッティングをした上で細かな調整が行われます。

19ボンポワン04.JPG

サイズ展開は60㎝~155㎝。価格帯は、1万円前後~。

半年ごとに変わるテーマに合わせてデザインされる美しく可愛らしい服たちは、ひとつひとつ手刺繍が施されるなど、創業以来ずっと、手仕事を大切にして作られています。


ボンポワンの魅力は、まだまだたくさんあります。

じつは、子供服だけではなく、フレグランスやスキンケアラインも揃えていることをご存知でしょうか?

19ボンポワン05.JPG

ボンポワンのフレグランスにまつわる、素敵なエピソードを教えていただきました。

現在、店頭では4種類のフレグランスを販売していますが、その始まりとなったのがこちら。

19ボンポワン06.JPG

「オー ドゥ トワレ」大(100ml):11,000円(税抜)/小(50ml):6,500円(税抜)


1986年、ボンポワン創設者であるマリーフランス・コーエンのために、その妹で調香師のアニック・グタールが創作した香りです。それ以来、ボンポワンのシグネチャーフレグランスとして、皆様に愛され続けています。


同じ香りの、アルコール成分無しで作られたものがこちら。

19ボンポワン07.JPG

「オー ドゥ サンター」大(100ml):11,000円(税抜)/小(50ml):6,500円(税抜)


「香水の国」と言っても過言ではないフランスでは、赤ちゃんが生まれると「あなたの香り」としてフレグランスをプレゼントする習慣があるのだとか。

この「オー ドゥ サンター」はアルコールフリーのため、生まれたての赤ちゃんから安心してお使いいただけます。

ブランケットや肌着、お気に入りのぬいぐるみなどにシュッとしていただいても、ほんのり良い香りに包まれて過ごすことができるそうですよ。


いつの日か自分でフレグランスを選ぶ年頃になったとき、「これが私の香り」と、想い出の中にあるボンポワンの香りを愛用される方も多いのだそうです。

なんだか童話のストーリーのような、とても素敵なエピソードだと思いませんか?

こちらのフレグランスは、少し懐かしさを感じるような、とても優しい香りをしています。

香りをより持続させたい方には、大人向きのオーガニックフレグランスの「オー・インテンス」(50ml):9,500円(税抜)もおすすめです。

※防腐剤・有機化合物・香料不使用


1919ボンポワン09.JPG

さらに、シグネチャーフレグランスである「オー ドゥ トワレ」の成分を基調にし、"自然素材の使用"と"低刺激性"をコンセプトに作られたのが、こちらのスキンケアラインです。

商品としてどうしても必要な部分を除き、ほとんど(96%)が天然成分というこだわり。アルコールフリーで赤ちゃんのお肌にも安心してお使いいただけるのはもちろん、大人の方も、使い続けることで赤ちゃんの様なお肌へと導いてくれるそうです。

私も、実際に化粧水を使用させていただきました。

ボトルに顔を近づけるとしっかりとした香りを感じるのですが、手に取りお肌につけると、ふんわり心地よい香りに変わります。

チェリーブロッサム・コットンフラワー・オレンジブロッサムなどのオーガニックフラワーから抽出された有効成分が、お肌を保護し栄養を与え、柔らかくしてくれるそうです。

化粧水をしっかりと吸収したあとの肌はしっとりもっちりとしていて、なんだか嬉しくなりました。

皆様も、ぜひ店頭でお試しください。


1919ボンポワン11.JPG

また、プレゼントにおすすめの小物なども多数揃っています。


サクランボ刺繍のガーゼハンカチにお名前を入れられるのは、東京ミッドタウン店限定のサービスですよ。

1919ボンポワン13.JPG

「ガーゼハンカチ(3枚入)」10,000円(税抜)

※名入れ無料、仕上がりまで2週間程度


魅力がたくさんあって、お話しは尽きないのですが...最後にもうひとつだけ、素敵なエピソードをご紹介させてください。


ボンポワンのトレードマークは、可愛らしい、実がふたつついたサクランボ。

創設者マリーフランス・コーエンが、幼い頃よく訪れていた南仏のおじい様の家。そのお庭にあったサクランボの木の下で、姉妹で遊んだ想い出がモチーフになっているのだそうです。
1919ボンポワン14.JPG

ひとつひとつにストーリーがあり、それぞれにたくさんの想いが詰まっている。

そんなところも、多くのファンを惹きつける魅力なのだと思います。

可愛らしくて癒される、ボンポワンの世界。

皆様もぜひ、お気軽に覗いてみてくださいね。



Bonpoint(ガレリア1F)

https://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP00190004/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed