Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > 2019年6月14日

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2019年6月14日
2019年06月14日
新しき良き和に親しむ
‐菱屋カレンブロッソ‐

皆さま、こんにちは。ミッドタウン・コンシェルジュです。


季節はすっかり夏、ガーデンの緑がよりいっそう鮮やかに色濃く感じられますね。

19hishiya01.JPG

ミッドタウン内の各店舗でも、暑い夏におすすめの商品がたくさん登場しています。

今回は、その中から、私も大好きなこちらのお店をご紹介させていただきます。


19hishiya02.JPG

菱屋カレンブロッソ           ガレリア3F


大正15年(1926年)創業の履物メーカー「菱屋」のプライベートブランドとして、1999年、大阪に1店舗目をオープン。その後、2007年3月、東京ミッドタウンの開業と共にミッドタウン店が誕生しました。現在は京都にもう1店舗、全3店舗を構えています。

19hishiya03.JPG

店舗名の「カレンブロッソ」は、菱屋で展開している和装品シリーズ「花ごよみ」を「Calender of blossom」と訳し、そこから「Calen Blosso」と名づけられたとか。まさに、「和」と「洋」が自然と溶け合うような、それでいて「和」でもあり「洋」でもある、とてもワクワクするネーミングですね。


もう一つ特徴的なものが、店舗のトレードマークとして登場する「しまうま」です。

いったいなぜ「しまうま」なのか...気になりませんか?

19hishiya04.JPG

ちょうど、新しいコンセプトのブランドを立ち上げようと考えていた頃、偶然に創業者の目に留まったのが、しまうま柄の古い小さな生地だったそうです。

これを草履の鼻緒に使用したところ、「大変可愛らしい」と大評判に。そこで、そのしまうま柄をパターン化し商品に施した新ブランド、「菱屋カレンブロッソ」が誕生したのだそうです。

ゼブラ柄など縞模様がデザインされたものはときどき見かけますが、しまうまそのものがモチーフになっているものはとても珍しいようで、店舗では「しまうまグッズを集めている」とお越しになるお客様も少なくないようです。


店内の「しまうま」の中でも目を引いているのが、ガラス面に描かれたこちらの「壁画」です。

19hishiya05.JPG

2009年12月に木村英輝氏(http://ki-yan.com/)によって描かれました。大胆な筆はこびと力強い表情が、なんとも良い味わいです。

この、木村氏が描く「うまくいく紋」(江戸時代より好まれてきた「洒落柄」の一つで、馬が9頭描かれており、「馬が9」、「うまが九(く)」で「うまくいく」)をモチーフにした様々な商品が販売されています。 私も3年ほど前、干支が午年である知人に「うまくいく紋」のポーチをプレゼントしました。先日久しぶりに会うと、今も大切に使ってくれていて、とても嬉しかったです。


「うまくいく紋」は季節の商品にもデザインされていますので、今回はその一部をご紹介したいと思います。


19hishiya06.JPG  19hishiya07.JPG

◇夏きもの・ゆかた<うまくいく紋> ※ディスプレイは変わる可能性あり

反物:27,000円(税抜)~ / お仕立て上がり:36,000円(税抜)~

◇扇子<うまくいく紋>  各色:6,000円(税抜)


一見、落ち着いた柄の浴衣かと思いきや!!よく見ると、個性的な表情やポーズのしまうまが描かれているなんて、遊び心があり、とても洒落ていますよね。 他にも手ぬぐいやハンカチなどの小物もあり、ちょっとした贈り物に人気があるそうです。


最後に、「菱屋カレンブロッソ」と言えば、やはり「ぞうり」をご紹介せずには終われません。

19hishiya08.JPG  19hishiya09.JPG

◇カフェぞうり 10,100円(税抜)~

紬や小紋、ゆかたなどの普段着にお使いいただける履物です。 歩きやすさの秘密は、スニーカーに使われる素材を台に使用していること。クッション性が高く着地時の衝撃を和らげるため、現代の固い床にマッチしているのだそうです。

ぞうり本体と鼻緒の組み合わせは、お好きなものを選んでオーダーすることも可能です(仕上がり約1ヶ月)。

もちろん、店頭の商品をお求めいただくこともできるので、近頃では海外からお越しのお客様が、お土産にされることも増えているとか。特に、一般のぞうりより鼻緒を短くした「カフェぞうりサマー」は、よりサンダル感覚に近いため洋装に馴染みやすく、それでいてビーチサンダルよりも大人な雰囲気になる「ぞうり職人が作るサンダル」として、人気だそうです。


菱屋カレンブロッソのアイテムたちは、「和にも洋にも、すべてのシーンで使えるもの」だということですが...店舗スタッフの皆さんの足元を見て、納得いたしました!!

19hishiya10.jpg

この日の皆さんは、きものではなく洋服でしたが、みごとに「カフェぞうり」を合わせていらっしゃいました。

洋服にも合う、というよりむしろ、とてもお洒落です。

ご覧の様に、可愛い足袋ソックスとの組み合わせを楽しんだり、インド綿や藍染めのワンピースとコーディネートするのもおすすめだそうです。


皆さまもぜひ一度、お店に足を運んで、履き心地を試してみませんか?

6月21日(金)~30日(日)には「カフェぞうりシュガーフェア」が開催されます。

また6月29日(土)・30日(日)の2日間は、お客様のお足に合わせて鼻緒を挿げる「すげ実演」も行われますので、ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。



菱屋カレンブロッソ

https://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000105/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed