Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > コンシェルジュのおすすめ > 魅惑の香り、贅沢な時間
- Artisan de la Truffe Paris -

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2019年01月23日
魅惑の香り、贅沢な時間
- Artisan de la Truffe Paris -

皆さま、こんにちは。

2019年がスタートし、あっという間に1ヶ月が過ぎようとしていますね。

新しい1年も、一日一日を大切に過ごしていきたいと思う、今日このごろ...。


そんな新年のスタートに景気を付けようと、こちらのレストランへ伺いました。

19トリュフ01.JPG

Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)

ガーデンテラス1F


パリに本店を構える、トリュフ専門のフレンチレストラン。

2017年7月に日本初上陸し、ここ東京ミッドタウンにオープンいたしました。

モダンで落ち着いた印象のインテリアは、パリ本店と同じものを使用。シンプルながら、木のぬくもりが感じられます。

19トリュフ02.JPG

3月3日(日)までは、ミッドタウン・ガーデン内の木々に青と白のイルミネーションが施されており、冬ならではの演出もお楽しみいただけます。

(ちなみに、こちらの木々は「桜」です。春の景色もまた、期待できそうですね!)


今回いただいたのは...

「アルティザン ディナーコース」お一人様6,500円(税別)

【前菜】・【パスタ・リゾットなど】・【メインディッシュ】・【デザート】を、それぞれ一品ずつ選ぶことができる、嬉しいプリフィックスコースです。


さっそく、パンと一緒に小瓶がふたつ運ばれてきました。

19トリュフ04.JPG

こちらは、レストラン入口にて販売されている「トリュフオイル」と「バルサミコ酢」です。

パンは、しっとり感ともっちり感のある飽きのこないお味で、トリュフオイルとの相性も抜群。ついたくさん食べてしまっても、お代わりもいただけるそうですよ。


次に登場したのは、メニューにはない【アミューズ】です。

19トリュフ05.JPG

ご覧ください!この、美しいトリュフの断面を!!

卵の殻には、とろとろのスクランブルエッグが隠れています。お味はあっさりと、トリュフの贅沢な香りが空腹をやさしく包んで、このあとのお料理への期待感も高まります。

右の黒いものは、トリュフバターをしのばせたマカロン。プチサイズながらきちんと甘味があり、これからはじまるお料理の期待感を大きくふくらませてくれます。


続いて、【前菜】。5種類の中から私が選んだのは、こちらです。

19トリュフ06.JPG

「フォアグラのブリュレ ブリオッシュとエピス香るマンゴーのコンフィチュール」


もう、「美味しい」という言葉しかでてこないくらい、本当に美味しい一品です。

カリカリの表面を割ると、トリュフ香るフォアグラのムースが出てきます。なんとなく「フォアグラ」には「重たい」といったイメージがあったのですが、ふんわり軽く、お味もやさしく、ほんのり甘いブリオッシュにのせていただくと、とても良く合います。


次は、【パスタ・リゾット・ピッツァ】全6種類の中から1つ選びます。

ここは、トリュフを存分に味わえそうな「王道」で。でも、パスタかリゾット、悩みますよね。そこで、一緒に行った同僚と、シェアをしていただくことにしました。

19トリュフ07.JPG

「フレッシュトリュフのチーズリゾット」、「タリアテッレ トリュフクリームソース」


リゾットもパスタも、絶妙な食感です。

これはもう、ご説明せずとも、その名前から美味しさがわかっていただけることでしょう!!


さぁ、いよいよコースのメインが登場です。と、その前に、なにやら運ばれてきました。

おぉ!!トリュフです!!

まさに「黒いダイヤ」、大切そうに透明の箱に入れられています。

19トリュフ08.JPG


こちらで使用されるトリュフは、世界各地より厳選されたものを取り寄せています。


それでは、メインディッシュをいただきましょう。こちらも、5種類より選びました。

19トリュフ09.JPG

「本日のお肉料理 ~トリュフソースでいただく米沢豚のロースト~」


トリュフたっぷり!!私たちのテーブルにて、目の前でスライスしてくれました。

19トリュフ10.JPG

魅惑の香りがひろがります。


米沢豚はとてもやわらかく、繊細なお味。

お肉の甘味と、トリュフ香るソース、贅沢にスライスされたトリュフを一緒にいただくと、もうため息しか出ない美味しさです。

ちなみに、同僚はお魚料理をチョイス。こっくりとしたクリームソースと、旨味を最大限に引き出した白身魚の絶妙なハーモニー。こちらもトリュフたっぷりで贅沢な一品、とても美味しかったそうです。


お腹もほどよくいっぱいになってきました。最後のお楽しみ、デザートです。

こちらも、5種類の中から選びます。

19トリュフ11.JPG

「トリュフアイス ~トリュフハチミツとクロッカンショコラ~」


アイスクリームはねっとりとした食感ですが、甘すぎず、トリュフの香りが引き立っています。

サクサクのクロッカンショコラを一緒にいただくことで、甘みと食感の楽しさが更にひろがります。


以上、5品をめいっぱい堪能させていただき、お腹も心も大満足でした。


「全てのメニューにトリュフが使われているって、どんな感じだろう?」

そんな風に思われる方も、いらっしゃるかもしれません。

「無類のトリュフ好き」、というわけではない私も、そう思っていました。


しかし、心配はご無用。アミューズからデザートまで、全てのお料理が、とにかく美味しいのです!!

もちろん、トリュフはとても良い仕事をしてくれているのですが、決して主張しすぎず、それぞれのお料理にとてもよく馴染んでいます。

お料理自体も、しっかりとしたお味ながら、味付けはとても繊細だと感じました。


スタッフの皆さんの無駄のない軽快な動き、お客様の楽しそうな会話のざわめき。

すべてが心地よく感じる、とても素敵な、贅沢な時間を過ごすことができました。


東京ミッドタウンの一部レストランでは、1月17日(火)~3月3日(日)までの期間限定で、「WINTER PREMIUM PARTY」と題した今だけのプレミアムなコースメニューをご用意しています。

是非こちらもご利用下さいませ。

WINTER PREMIUM PARTY IN TOKYO MIDTOWN

※今回ご紹介したメニューとは異なります



Artisan de la Truffe Paris

(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)   ガーデンテラス1F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0017011/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed