Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > コンシェルジュのおすすめ > 東京ミッドタウンでフランス散歩
- itoya topdrawer-

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2018年06月13日
東京ミッドタウンでフランス散歩
- itoya topdrawer-


皆さま、こんにちは。


関東地方も、例年より少し早く梅雨入りを迎えました。いかがお過ごしですか?


18伊東屋01.JPG

現在、東京ミッドタウンでは、国立新美術館での「ルーヴル美術館展」の開催を記念して、フランスにちなんだ選りすぐりの商品を多数ご用意しています。

題して「東京ミッドタウンでフランス散歩」。

フランスにインスピレーションを受けたお料理や、まるでアート作品のようなスイーツ、個性豊かな雑貨の数々など、パリの街を散策するような気分でお楽しみいただけます。

館内のインフォメーションやラックには、専用のパンフレットをご用意しています。ぜひ、お手に取ってご覧くださいませ。

18伊東屋02.JPG

さて、この「フランス散歩」、パンフレットに掲載されていない商品も、まだまだお店に隠れているかもしれません。

私も、こんなかわいらしいものを見つけましたので、ご紹介したいと思います!

お店は、こちら。

18伊東屋03.JPG

itoya topdrawer(イトーヤ トップドロワー)]


銀座に本店を構える、1904(明治34)年創業の文房具の専門店、伊東屋。

ガレリア3Fの「itoya topdrawer」は、伊東屋の個性を凝縮させた品揃えとホスピタリティあふれるお店づくりを心掛け、デザイン、品質、エレガンスを兼ね備えたステイショナリーをお届けしています。 たくさんの魅力がギュッと詰まった、とてもワクワクするお店ですよ。

そして、今回ぜひご紹介したい「フランスにちなんだ商品」がこちら、

刺繍家 小林 モー子さんが作る、センスとユーモア溢れる、とてもかわいらしいブローチたちです。

18伊東屋05.JPG

いかがですか? 見る人をぱっと笑顔にさせる、不思議な魅力がありますね。

小林 モー子さんは2004年にパリへ渡り、オートクチュール刺繍を学ばれました。 現在は、デザイン、刺繍、アクセサリーにするための加工まで、全て東京にある自社のアトリエで行っています。

18伊東屋06.JPG

「チラ見 ブローチ 白」14,000円(税抜)


フランスにて買い付けているビーズは、ほとんどが1930~50年代頃に作られた希少なもの。独特な発色や普通の針では通らないような極小サイズのものを厳選し、オートクチュール刺繍の伝統的なかぎ針技法「リュネビル法」を用い、一粒ずつ手作業で刺繍しています。

コンセプトは『piece de conversation』= 話題の手がかり。

アクセサリーを通じ話題を投げかけそこから自然と会話が始まる様な作品を目指しているそうです。


18伊東屋07.JPG

作品は、小さなピンブローチタイプ(10,500円~13,500円/税抜)と、少し大きめのブローチタイプ(13,500円~32,000円/税抜)の2種類。すべて手作りのため大量生産はできません。どの作品もとても素敵で迷ってしまいますが、お気に入りに出会えたら、お早目に手に入れましょう!!

店頭での取り扱い期間は、「東京ミッドタウンでフランス散歩」開催期間同様の9月3日(月)まで。

この機会に、愛らしくてどこかシュールな、「モーコ コバヤシ」の世界に触れてはいかがですか?


またガレリアB1では、「ルーヴル美術館」をイメージしたフォトスポット「LOUVRE Pyramide Objet(ルーブル ピラミッド オブジェ)」もご用意しています。

※7月31日(火)まで

18伊東屋08.JPG

梅雨空の下でもゆっくりとお過ごしいただける東京ミッドタウンで、ぜひ、フランス散歩をお楽しみください。



itoya topdrawer ガレリア3F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000197/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed