Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > スイーツ > 優しが紡ぎだすショコラ
-JEAN-PAUL HÉVIN-

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2018年02月06日
優しが紡ぎだすショコラ
-JEAN-PAUL HÉVIN-


皆様、こんにちは。

ミッドタウンコンシェルジュです。


18JPH 01-01.jpg

バレンタインデーに向け、ミッドタウン内のショップにも素敵なチョコレートやアイテムが並び始める中、こちらに伺いました。

18JPH 02.JPG

JEAN-PAUL HÉVIN (ガレリアB1F)


世界トップクラスのショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン氏のブティック。

本日はまず、向かって右側の「バー ア ショコラ」に入ります。

18JPH 03.JPG

18JPH 04.JPG

こちらのカフェでは、ショコラやガトーだけでなく、サラダやキッシュなどお食事のメニューも楽しめるのです。

(食事メニューの提供は11:00~15:00)。

18JPH 05.JPG

今回は期間限定の「Quiche aux moules キッシュ オ ムール(1,620円、税込)」をオーダー。

一緒にドリンクを、といつものコーヒーを注文しようとしたところ、スタッフの方から

「最近、『カフェ オ レ』のレシピが変わったんです!」との新情報が。

早速、「カフェ オ レ(単品 882円、今回はデジュネセット(ドリンク付き)でフードメニュー+378円、全て税込)」をオーダー。


ほどなくして運ばれてきたキッシュはこんがりと黄金色。たっぷり添えられたサラダには、さっぱりとしたドレッシングが和えてあります。

18JPH 06.JPG

キッシュの中にはふっくらと蒸し上げたムール貝とスパイス香る玉ねぎ、ブロッコリーがごろごろ。

18JPH 07.JPG

キッシュ生地の香ばしさとブロッコリー、ムール貝の旨味が合わさって、絶妙なバランス。後味も柔らかです。


そして、スタッフの方おすすめのカフェ オ レ。

18JPH 08.JPG

一瞬「カプチーノ」かと思うクリーミーなミルク。エスプレッソとミルクが混ざり合い、優しい口当たり。

スタッフの方が試飲した時も「これがエヴァンさんのイメージする『カフェ オ レ』か」と驚きながらも、「エヴァンさんらしい、温かい人柄が伝わってくるな」と感じたとのこと。


うかがったところ、エヴァン氏が店舗へ訪れた際は、まず、スタッフの方一人一人に声をかけるのだそうです。気さくに話しかけられることでスタッフもパワーを貰い、そのパワーはさらなる頑張りやお客様へのおもてなしに活かされる。そんな繋がりを感じられた時、スタッフの方は心から喜びを感じるとのこと。

「働いて何年も経つが、いまだに日々、エヴァンさんから影響を受け、力を貰っている」とお話ししてくださいました。


素敵なエピソードとともに、おいしくいただきました。

ご馳走様でした!


食後には、向かって左側の扉を開け、「カーヴ ア ショコラ」へ。

18JPH 09.JPG


まず目を引くのが、宝石のようなショコラやマカロン、ガトーの並んだショーケース。

18JPH 10.JPG

ディスプレー棚には、バレンタインデー商品。

18JPH 12.JPG

新作のボンボン ショコラ8種類に加えて真っ赤なハート形のボンボン ショコラ、トリュフや板チョコレート、円盤型の薄いショコラ(パレ)などのラインナップ。



今年は「JEAN-PAUL HÉVIN」設立30周年。

キューブ状の新作ボンボン ショコラ表面に施された絵柄には、それぞれ30周年の想いやバレンタインらしい愛のメッセージが込められている、とのこと。

カフェ オ レと同じく、積み重ねられた想いや優しさから紡ぎだされたショコラ。

プレゼントすれば喜ばれること間違いなしです!


「JEAN-PAUL HÉVIN」の優しさに包まれて、

皆様のバレンタインデーが素敵なものになりますように。




JEAN-PAUL HÉVIN ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000060/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed