Tokyo Midtown Concierge Blog

HOME > コンシェルジュのおすすめ > つるつる素足を目指して
- uka -

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2017年03月11日
つるつる素足を目指して
- uka -


こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


風が強く冷え込む日があれば、春のような暖かな日差しを感じることも増えてきた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。


本日はこちらのお店にやって参りました。

ミッドタウンフロント01.jpg

uka」(ガレリア2F)


「uka」は、"うれしいことが世界でいちばん多いお店"がコンセプトの、ヘアサロン・ネイルサロン。今回は、まだまだ乾燥が気になる今の季節に"うれしい"アイテムをご紹介いたします。


洗練された店内と、スタッフのみなさんの笑顔がとても心地よく、温かな雰囲気の「uka」。さなぎが蝶になる「羽化」のことをあらわしているネーミングには、「女性も男性も、ひとりの大人としてより美しく輝き、蝶たちが花から花へと受粉の手伝いをするように世の中に美を広める存在になっていきたい」という願いが込められているそうです。


そんなお店の入口、私がついつい立ち寄ってしまうのがこちらのエリア

17uka-1.JPG

その中でもコンシェルジュが今気になっているのが、この「KOBAKO nails for Foot」のシリーズ。

uka-2.JPG


日々の生活の中で、窮屈なパンプスやヒールの高い靴などを履き長時間立っていたり、たくさん歩いたり、足に負担を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私も今の季節は特に、かかとの乾燥やざらつきが気になります。クリームなどでしっかり保湿したつもりが、すぐに乾燥してしまうことも。


そんな時見つけたのが、この「KOBAKO nails for Foot」のシリーズでした。

「uka」の代表であり、トップネイリストの渡邉季穂氏のアイディアをもとに、ご自宅でサロン並みのセルフケアが気軽にできると話題のアイテムです。

「使いやすさ」と「気軽に使える」ことにこだわり、研究、設計されたこちらのアイテム。

「かかとケア」としてご利用いただけるものは、全部で4つ。簡単にお手入れの順序をご紹介させていただきます。


①初めてのお手入れや、かかとの角質が硬くなってしまっている方は、目の粗い「ヒールファイル」で角質を削りとります。ブランドロゴにもあるお花の形は、はなびらの部分に指がフィットして持ちやすい!

17uka-4.JPG

「ヒールファイル」1,900円(税抜)


②角質を削りとり浸透しやすくなったかかとに、「ヒールリムーバー」でかかとの角質を柔らかくするパックを行います。コットンにリムーバーを浸透させ、シールでかかとを覆い5~10分程待ちます。可愛らしい形のシールが、「パックをしている間は身動きがとれない!」という心配もなくしてくれます。保湿成分も含まれているので、潤い補給もばっちり。

uka-5.JPG

「ヒールリムーバー」3,800円(税抜)


③パックを行い柔らかくなったかかとに、「フットスムーサー」の粗目面で角質を洗い流すように削ります。ポロポロと落ちていく角質と、使用後のしっとり柔らかなかかとは驚きです!

17uka-5.JPG

「フットスムーサー」1,900円(税抜) ※粗目面


④角質が取れたお肌に、足用美容液の「フットエッセンス」で保湿。さらに③で使用した「フットスムーサー」の裏面・細目面で優しく磨き上げます。「フットエッセンス」はローズマリー、ベルガモットなどのさわやかなリネン系の香りでべたつき感も少なく、お肌にすっとなじむ使い心地。日々のケアでもご利用いただけます。

17uka-6.JPG

「フットエッセンス」2,200円(税抜)

17uka-7.JPG

「フットスムーサー」※細目面

この様な順序でお手入れをすると、まるでサロンに行ったかのようなつるつるすべすべなかかとに!

約3週間に一度のお手入れで大丈夫とのことですが、使い心地も抜群な上にデザインも可愛らしいので、何度でも使いたくなってしまいそうです。

また、「uka」でも「ペディキュア」のメニューの中でこちらのアイテムを使用しているとのことです。気になる方は、お店で実際にお試しいただくのもいいかもしれませんね!

ミッドタウンネイル.JPG

普段から美容に気を使っている方でも、「足元・かかとのケア」まで気を配れていない!という方は多いのではないでしょうか。

暖かくなると素足になる機会も増えてきます。

ぜひ今から、ついつい触りたくなってしまうような"うれしい"素足を目指してみてはいかがでしょうか。



uka (ガレリア2F)

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000115/

Post a Comment
ニックネーム
コメント内容
「コンシェルジュブログ」投稿規約 (※必ずお読みください。)
About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed