Tokyo Midtown Concierge Blog

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2018年02月21日
春を先取り!さくらスイーツ
- サン・フルーツ -


まだまだ寒い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


今回は、この時期可愛らしい苺やフレッシュな蜜柑などが並ぶ、こちらのお店にやってまいりました。

18フルーツ01.JPG

サン・フルーツ(ガレリアB1)


ショーケースには、今が旬である赤やオレンジの色合いのフルーツを中心に、様々なスイーツが並びます。

18フルーツ02.JPG

18フルーツ03.JPG

そんな中、ひときわ春の訪れを感じるスイーツが。

18フルーツ04.JPG

18フルーツ05.JPG

左:さくらゼリー ¥486(税込) / 右:さくらババロア ¥540(税込)

販売期間:2018年2月6日(火)~桜が散るまで


18フルーツ06.JPG

花びら型の器に入ったさくらババロアは、ほんのりピンク色の細かなゼリーに光が反射して、キラキラと輝き宝石のよう。

つるんとしたドーム型のゼリーには、満開の桜がふんわり開き、より華やかに。


食べてしまうのがもったいない!と思ってしまいますが、サン・フルーツのババロアが大好きな私は、桜との組み合わせに興味津々。さっそくいただきます。

18フルーツ07.JPG

甘酸っぱくフルーティーなゼリーとミルク風味のババロアと相性抜群で、春の香りが口の中にふわっと広がります。


18フルーツ08.JPG

金箔のお花や透明とピンクのグラデーションが、日本らしく美しいさくらゼリー。

ゼリーの中には、満開の桜が上品に開き、さくらババロアとはまた違った印象。

18フルーツ09.JPG

ぷるんとした滑らかなゼリーは、和菓子のようなやわらかな甘さが大人の味。 「日本の和」を感じるスイーツです。

甘すぎず口当たりはさっぱりとしているので、甘いものが得意でない方にもおすすめです。


ぱっと華やかな春らしいスイーツは、お花見や卒業・入学のお祝いなどにもぴったり。

陶器の器も本格的で、スイーツを頂いた後も色々な場面で活躍しそうです。

18フルーツ10.JPG

さくらスイーツの販売期間は「桜が散るまで」。

サン・フルーツ本社の上にある「神田明神」の山門向かって左側にある桜を基準に、その桜の花が7~8分散ったところで販売終了と決まっているとのこと。 こんな素敵なスイーツがあると、今年は桜が長く続くといいな、と思ってしまいますよね。 桜の季節が、より楽しみになりました。


皆様もぜひ、お早目にご来店くださいませ。



サン・フルーツ  ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000030/

2018年02月06日
優しが紡ぎだすショコラ
-JEAN-PAUL HÉVIN-


皆様、こんにちは。

ミッドタウンコンシェルジュです。


18JPH 01-01.jpg

バレンタインデーに向け、ミッドタウン内のショップにも素敵なチョコレートやアイテムが並び始める中、こちらに伺いました。

18JPH 02.JPG

JEAN-PAUL HÉVIN (ガレリアB1F)


世界トップクラスのショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン氏のブティック。

本日はまず、向かって右側の「バー ア ショコラ」に入ります。

18JPH 03.JPG

18JPH 04.JPG

こちらのカフェでは、ショコラやガトーだけでなく、サラダやキッシュなどお食事のメニューも楽しめるのです。

(食事メニューの提供は11:00~15:00)。

18JPH 05.JPG

今回は期間限定の「Quiche aux moules キッシュ オ ムール(1,620円、税込)」をオーダー。

一緒にドリンクを、といつものコーヒーを注文しようとしたところ、スタッフの方から

「最近、『カフェ オ レ』のレシピが変わったんです!」との新情報が。

早速、「カフェ オ レ(単品 882円、今回はデジュネセット(ドリンク付き)でフードメニュー+378円、全て税込)」をオーダー。


ほどなくして運ばれてきたキッシュはこんがりと黄金色。たっぷり添えられたサラダには、さっぱりとしたドレッシングが和えてあります。

18JPH 06.JPG

キッシュの中にはふっくらと蒸し上げたムール貝とスパイス香る玉ねぎ、ブロッコリーがごろごろ。

18JPH 07.JPG

キッシュ生地の香ばしさとブロッコリー、ムール貝の旨味が合わさって、絶妙なバランス。後味も柔らかです。


そして、スタッフの方おすすめのカフェ オ レ。

18JPH 08.JPG

一瞬「カプチーノ」かと思うクリーミーなミルク。エスプレッソとミルクが混ざり合い、優しい口当たり。

スタッフの方が試飲した時も「これがエヴァンさんのイメージする『カフェ オ レ』か」と驚きながらも、「エヴァンさんらしい、温かい人柄が伝わってくるな」と感じたとのこと。


うかがったところ、エヴァン氏が店舗へ訪れた際は、まず、スタッフの方一人一人に声をかけるのだそうです。気さくに話しかけられることでスタッフもパワーを貰い、そのパワーはさらなる頑張りやお客様へのおもてなしに活かされる。そんな繋がりを感じられた時、スタッフの方は心から喜びを感じるとのこと。

「働いて何年も経つが、いまだに日々、エヴァンさんから影響を受け、力を貰っている」とお話ししてくださいました。


素敵なエピソードとともに、おいしくいただきました。

ご馳走様でした!


食後には、向かって左側の扉を開け、「カーヴ ア ショコラ」へ。

18JPH 09.JPG


まず目を引くのが、宝石のようなショコラやマカロン、ガトーの並んだショーケース。

18JPH 10.JPG

ディスプレー棚には、バレンタインデー商品。

18JPH 12.JPG

新作のボンボン ショコラ8種類に加えて真っ赤なハート形のボンボン ショコラ、トリュフや板チョコレート、円盤型の薄いショコラ(パレ)などのラインナップ。



今年は「JEAN-PAUL HÉVIN」設立30周年。

キューブ状の新作ボンボン ショコラ表面に施された絵柄には、それぞれ30周年の想いやバレンタインらしい愛のメッセージが込められている、とのこと。

カフェ オ レと同じく、積み重ねられた想いや優しさから紡ぎだされたショコラ。

プレゼントすれば喜ばれること間違いなしです!


「JEAN-PAUL HÉVIN」の優しさに包まれて、

皆様のバレンタインデーが素敵なものになりますように。




JEAN-PAUL HÉVIN ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000060/

2018年01月26日
山の恵み 森の香り
-WISE・WISE tools-

皆様こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


本日館内を巡回していると、こちらのお店にぱっと目を引くアイテムが。

18WW 01.JPG

WISE・WISE tools」(ガレリア3F)


18WW 03.JPG

現在、期間限定で「山の恵み 森の香り」というイベントを開催中。

※期間:2018年1月17日(水)~31日(水)

肥料や農薬を使用せず育った、ありのままお茶「自然茶」や、町全体がユネスコエコパークに認定されている三重県大台町で生まれた「Odai projects」のアイテムが揃います。

18WW 04.JPG

大台町産の樹木から抽出した天然成分100%の精油で作られた「エッセンシャルオイル」


18WW 05.JPG

大台町の樹木の枝をリードとしてお使いいただく、「リードディフューザー」


18WW 06.JPG

ヒノキとクロモジの芳香蒸留水をスプレーにした「消臭スプレー」


など、日常でお使いいただける様々なアイテムが揃います。

どのアイテムにも大台町の樹木が使われており、「樹木」といっても、こんなにたくさんの活用方法があることに驚きました。


中でも特に気になったアイテムはこちら。

18WW 08.JPG

「wood chocolate」2,678円(税込)

一見、「シンプルなチョコレート」に見えますが、なんとこちら、「木の香りがする」チョコレートなのだそう。

「Odai projects」と大台町のお菓子屋さん「森のお菓子屋 スピカ」とのコラボレーションアイテム。 フレーバーは2種類。それぞれ「クロモジ」、「ヒノキ」のエッセンシャルオイルを入れて作られたチョコレートです。

芳醇なカカオの香りのチョコレートと、爽やかな木の香りが絶妙にマッチした大人の味。

18WW 07.JPG

「木の香り」ということで、どちらも爽やかなフレーバーではあるのですが、「クロモジ」はスーっとした清涼感のあるすっきりとした香り。日本人に馴染みのある「ヒノキ」の香りは、清々しく、リラックスできるフレーバーです。

ミントやフローラルの香りなどのチョコレートはなんとなく想像ができますが、チョコレートから木の香りを感じることができるなんて、不思議な感覚です。 「クロモジ」と「ヒノキ」の二つを食べ比べてみるのもおもしろそう。


イベントは今月末で終了してしまいますが、こちらのチョコレートはバレンタインの期間までご用意があるそうです。 自然が大好きな方や、森の香りでリラックスしたい方はもちろん、珍しいものがお好きな方や、インパクトのあるプレゼントをお探しの方にもおすすめです。


今回皆様にご紹介するにあたって、「大台町」のことを知れば知るほど「大台町」に行って大自然を思い切り楽しみたい!という気持ちにもなりました。


18WW 09.JPG

ミッドタウンには広々としたガーデンがあり、木々の変化やガーデンに咲く花々を見て季節を感じることができますが、都心で暮らしていると、日々の生活で自然を感じることはなかなか難しいことかもしれません。 生活の中で少しでも自然を取り入れると、癒されたり、より豊かな気持ちになったりするものです。 まずは身近なところで生活の中に自然を取り入れてみたいと思います。


皆様もぜひ、お立ち寄りくださいませ。



WISE WISE tools ガレリア3F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000110/

2018年01月10日
新年最初の運試し!
-中川政七商店街-

皆様、新年あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


1  IMG_5453.JPG


さて、今日はこちらのお店にやってきました。

2  IMG_5391.JPG 


3  IMG_5388.JPG

中川政七商店街」ガレリアB1


目的はこちら。

日本全国まめ郷土玩具蒐集(しゅうしゅう)」 1回 400円(税込)

4  IMG_5422.JPG

2014年に第1弾を販売開始し、一昨年の第7弾の発売で、全国47都道府県の郷土玩具が出揃った郷土玩具のガチャガチャです。

お子様はもちろん、実は大人の方にも大変人気なこちら。

新しいシリーズが出るたびにそれまでのものと総入れ替えしていたため、「以前のシリーズのものが欲しい」などのご希望をいただいていたそうです。

そんな声にお応えし、ついにこの度、第1弾から第7弾をミックスした「全国完全版」が発売されました!


47都道府県のまめ郷土玩具に加え、これまでの各シリーズで番外(シークレット)として登場したものも全て集まった大集合版です。


ドキドキしながらコインを投入。ハンドルをまわすと・・・

8  IMG_5409.JPG

「あ!」

青いカプセルが出てきました。

9  IMG_5417.JPG


10  IMG_5419.JPG

カプセルを開けてみると・・・。

11  IMG_5436.JPG

新潟県の郷土玩具「三角だるま」が登場です。

玩具と一緒に日本地図と簡単な説明が書かれた用紙も入っています。

12  IMG_5439.JPG


「だるま」が大好きな私としては、新年早々の大当たりです。

可愛らしさとともにその精巧な作りに驚きます。大人の方にコレクターが多いことも納得。


三角形のだるまは全国的にも珍しく、とんがり頭とへの字の口が特徴。起き上がりこぼしのように下におもりが入っているのも、本物と同じ。

かつては新潟の各地で作られていたようですが、今では作られる数も少なくなっているようです。

13  IMG_5443.JPG


三角だるまに限らず、作り手の少なくなった郷土玩具はたくさんあるのでしょう。そんな時、このガチャガチャで手に入れたミニチュアをきっかけに、少しでも興味を持つ方が一人でも増えたら・・・。そんなことも考えました。


さて、こちらのガチャガチャについて、さらに特別なお知らせがあります。

14  IMG_5455.JPG


全国完全版の発売に合わせ、特別なキャンペーンも展開中。

歴代の番外(シークレット)7種を一同に集めた「日本全国まめ郷土玩具標本<番外の巻>」が貰える、<金の当たり玉>を投入している、とのこと。

ごくごく少量のプレミアム当たり玉であるため、今回は残念ながら当たりませんでした、、、。またトライしなくては。


さあ、新年の運試し。ぜひ、ガチャガチャを回しに店頭へ。

お小遣いを握りしめ、わくわくしながらガチャガチャへ走った日を思い出すことでしょう。


15  IMG_5441.JPG




中川政七商店街 ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000322/

2017年12月27日
本日のランチ
-粥茶館 糖朝-

こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


2017年も残すところあとわずか。

良い一年の締めくくりができるよう、冷えた身体を温めに、こちらのお店にやってまいりました。


粥茶館 糖朝(ガレリアB1)

17糖朝01.JPG


17糖朝02.JPG


こちらのお店のタピオカドリンクが大好きでよく立ち寄るのですが、今回は冬にぴったりな定番のお粥を店内でいただきました。

17糖朝03.JPG

粥茶館粥セット 1,188円(税込)


お粥や麺などメインのお料理に、サイドメニュー、ドリンクの付いたセットを注文。

それぞれお好きなものをお選びいただけるのですが、私は「粥茶館粥」「油淋鶏」「プーアール茶」を選びました。


17糖朝05.JPG

さっそく、あつあつのお粥をいただきます。


お店で3時間じっくり煮込んだというお粥は、お米の粒がほとんどなくなるくらいとろとろに。

温かくなめらかな口当たりで、優しい気持ちになれます。

クリスマスや忘年会など、イベントが盛りだくさんなこの時期に、ほっとする一品です。


お粥は、鶏肉やシーフード、お野菜の旨味をしっかりと感じます。お野菜やシーフードもたっぷり入っています。

17糖朝06-2.JPG


具だくさんで食べごたえがあり、お粥だけで大満足。

体の中からじーんと温まりながら、お腹いっぱいいただきました。


17糖朝07.JPG

エッグタルト 1個216円(税込)


そして、食事の後は大人気のエッグタルトを購入しました。

ハート型が可愛らしく、手土産にもピッタリです。

17糖朝08.JPG


サクッとしたパイ生地に、ぷるんとしたプリンのような、甘すぎず優しいお味のクリームが合わさり、お腹いっぱいでもついつい手が伸びてしまいます。

焼き立てはもちろん美味しいのですが、冷やしたエッグタルトはクリームがずっしりと濃厚になり、また違った味わいをお楽しみいただけます。

お食事後少し甘いものをいただきたい時や、ご自宅へのお土産をお探しの時、このエッグタルトがおすすめです。


もちろん、店内ではお食事だけでなくスイーツもお召し上がりいただけます。

売り切れの可能性もありますので、お早目のご来店をおすすめいたします。

また、17時以降にご来店の「東京ミッドタウンカード」をお持ちのお客様は、お会計時、通常価格から5%OFFとなるサービスがあります。

ぜひご提示頂き、お得に美味しいお食事をお楽しみください。


それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。



粥茶館 糖朝  ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000326/

2017年12月19日
あったかブーツでクリスマスもあたたかに
-FABIO RUSCONI / HB Show-case-

みなさん、こんにちは。


12月に入り、賑やかに華やぐ季節がやってきました。

ミッドタウンではイルミネーションがスタート。クリスマスイベントも本番を迎え、今年も連日たくさんのお客様にお楽しみいただいております。

1 IMG_5186.JPG


クリスマスムードの高まる中、本日は、こちらに伺います。

FABIO RUSCONI / HB Show-case」(ガレリア2F)

2 IMG_5153.JPG

ここ数年、毎年履いていたブーツはこちらで購入したもの。履いた瞬間から足にピッタリでとても大切に履いてきましたが、この冬思い切って新調します。


こちらの店名にもなっているFabio Rusconi(ファビオルスコーニ)氏は、イタリア、トスカーナ州フィレンツェ在住のシューズデザイナー。

スタッフの方によると、Fabio氏は日本が大好きなのだそう。日本のお洒落な女性のために、靴(足)の木型は日本人に合ったものを使用されているとのこと。 デザインの素晴らしさ、可愛らしさは勿論、世界中の女性の足を研究しつくした「履き心地の良さへのこだわり」なのでしょう。「履いた瞬間から足にぴったり」なのも頷けます。

店内には、シックな中にもニュアンスの異なる素敵な靴がたくさん。

3 IMG_5158.JPG


今日のお目当てはこちら。

7 IMG_5149.JPG

以前、購入したブーツと同じものがありました!

こちらのブーツは素材や色を一部変えつつ、定番商品として毎シーズン出しているとのこと。私のように、一度履いたらその履き心地を忘れられない方々が、何度もリピートされるブーツなのだそうです。


同じものを購入するつもりでしたが、素材の違いや色違いを見ると、そちらも気になります。スタッフの方に相談すると、私の普段の服やコートの素材・色を確認、丁寧に適切なアドバイスをいただきました。

じっくり迷って、愛着のある同じ色を購入。

8 IMG_5230.JPG

履き心地の他に、気に入っているポイントは2つ。

一つは低めのヒール。

9 IMG_5225.JPG

仕事中はヒールが高い靴を履いているため、それ以外はヒールが低めの靴を選ぶことが多い私。ただ、通勤時に履くにはあまりカジュアルすぎるものも困ります。 このブーツは低いながらもヒールがあるので、きちんと感もあり、どんな服にも合わせやすいので助かります。


もう一つは大き目のステッチ。

10 IMG_5243.JPG

地の色はこっくりとした黒ですが、ステッチが入ることで可愛らしいニュアンスが加えられます。



さあ、今年の冬を過ごすブーツの準備が整いました。

履きなじみのある感覚と、新品でしゅっとした革の感覚の間で、心も踊ります。

IMG_5294.JPG

あったかブーツで、どこへ出かけましょうか!

今年の冬がますます楽しみになりました。




FABIO RUSCONI / HB Show-case  ガレリア2F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000133/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed