Tokyo Midtown Concierge Blog

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2018年05月19日
絶品!夏ごはん
-茅乃舎-


こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


ゴールデンウィークも終了し、日差しの強い日が多くなってきました。

18茅乃舎01.JPG

少しずつ、夏が恋しくなってきませんか?


夏といえば、冷たい食べ物がおいしい季節。

そうめん、ひやむぎ、そば、うどんなど ツルツルと喉を通る麺類をいただくことが多くなりますが、

おいしくさっぱりと「ごはん」が食べたい! そんなときにおすすめの新商品を、こちらのお店で見つけました。

18茅乃舎02.JPG

茅乃舎(かやのや)」 

18茅乃舎03.JPG

「だしとたれ 冷や汁」1人前×3回分 540円(税込)


茅乃舎のふるさと九州地方の郷土料理で、夏になると食べたくなるのが「冷や汁」。 でも、いざ自分で作るとなると、とても手間のかかるお料理なのだそうです。

その「冷や汁」が、ご自宅や職場でも手軽にお楽しみいただける商品になりました!

18茅乃舎04.JPG

私もさっそく、夏先取りでいただいてみたいと思います。


18茅乃舎05.JPG

用意するのは、温かいごはんと好みの具材のみ。 本日は、パッケージに記載された「おすすめの具材」(木綿豆腐、きゅうり、みょうが、大葉)を用意しました。


使用するのは「極みだし」。鰹節の中でも手間と時間をかけて作られる「本枯れ節」に、焼きあご、鮪節、利尻昆布を加えた、はなやかな香りと澄んだうまみが特徴の上品な味わいです。

18茅乃舎06.JPG

だしは、袋を破って中身をまるごといただきます。

たれは、自社製麦味噌、鰹魚醤入りの「冷や汁専用だれ」。 冷たい水をそそぐと、ほんのりと胡麻の香りが漂い食欲をそそります。

18茅乃舎07.JPG

用意した具材を盛り付けて... 完成です!!

18茅乃舎08.JPG

豆腐をくずしながら、だしとたれを混ぜていただきます。


口に運ぶと、まずは茅乃舎自慢のだしの風味がひろがります。 たれは、胡麻の甘味が引き立つ麦味噌のしっかりとした味わいがあり、具材との相性が抜群です。 最後のひとくちまで美味しく、あっという間に完食!!

さっぱりといただける「冷や汁」ですが、豆腐などの具材を加えることでボリューム感が増し、おなかもいっぱいになりました。


また、このたび新たに「お茶漬け」も販売されました。

18茅乃舎09.JPG

お茶の香りとだしの旨味がそれぞれ引き立つ「ほうじ茶」と、爽やかさとほどよい渋みが特徴の「抹茶」の2種類。どちらも、お茶の風味と具材との相性を考えて作られた専用のだしが使われています。 どなたにも手軽に美味しく召し上がっていただくことができ、贈り物にもおすすめです。



7月頃まで、平年よりも気温が高くなるという予報も出ているようです。

暑さで食欲も失われがちな夏、さらさらと美味しく召し上がっていただける「冷や汁」や「お茶漬け」で、しっかり栄養を取って乗りきりましょう!!



茅乃舎 東京ミッドタウン店

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000218/

2018年05月11日
おいしいもの、たのしいこと、だいすき!
-GREEN DOG-

皆様、こんにちは。


18GD01.JPG

心地よい5月の風が香る中、

ミッドタウンが大好きという、ビーグル犬のマージちゃんにお会いしました。

18GD02.JPG


ガーデンアーチを歩き始めると...、

18GD03.JPG

「あ、ワタシのすきなおみせだわ!はやく、はやく~!」 とリードを引っ張り始めます。


18GD04.JPG

18GD05.JPG

たどり着いたのは、ガレリア1Fにある「GREEN DOG」。


愛犬の体と心を健康に導く"ホリスティックケア"の考え方で犬の専門家がパートナーとオーナー様の暮らしと健康をサポート。 ワンちゃんグッズやごはん・おやつの販売の他、グルーミング、ホテル、動物病院など、さまざまな商品やサービスをご提供しているお店です。


まず、顔見知りのスタッフさんにご挨拶。

18GD07.JPG

スタッフのみなさんの素晴らしい「わんちゃん愛」は、マージちゃんが一番ご存知の様子。


さっそく店内の探検を開始。

18GD10.JPG  18GD09.JPG

マージちゃんが目を付けたのは

WITH GREEN DOG Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム) やわらかドライタイプ」 

WITH GREEN DOG Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム) ドライタイプ」

18GD12.JPG

こちらはGREEN DOG自慢のオリジナル商品。

品質と安全性、おいしさにこだわった一品です。国産の若鶏生肉をたっぷり使用し、しいたけや昆布などを配合。さらに国産の鰹節をふんだんに加え、香り高く仕上げています。 特に「やわらかドライタイプ」は、できあがったドッグフードのおいしさを逃がさないようにパック詰めしてレトルト加工しているため、合成添加物を一切使用していないのにしっとりソフトな食感を楽しめるのがポイント。

マージちゃん、これを見つけるとは、さすがお目(お鼻?)が高い!

さっそく試食をいただいてみます。

18GD15.JPG  18GD17.JPG

「もぐもぐもぐ......オカワリください~。」

スタッフさんイチオシのごはん、やはりお口に合いましたか!

マージちゃんのママも「『GREEN DOG』さんの商品は、『絶対に大丈夫』という信頼があって安心して利用していますし、マージも大好きなんです。」と仰っていました。


ショッピングを楽しんだ後は、ミッドタウン・ガーデンをお散歩しましょう!

18GD18.JPG

「ハーイ!」


「夏日」といわれた暑さが落ち着き、穏やかな風がそよぐ絶好のお散歩日和です。

18GD19.JPG   18GD21.JPG

18GD23.JPG

途中、「ペット水飲み場」で水分補給。


18GD25.png

今日もミッドタウンを満喫していただけたようです! また、お越しくださいね。



タウン内には、このようにワンちゃんとご一緒にお楽しみいただけるお店、エリアをご用意しています。

詳しくはこちらをご覧いただくか、コンシェルジュまでお問い合わせください。




GREEN DOG」 ガレリア1F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000124/

2018年04月27日
爽やかな風に吹かれて
-OPEN THE PARK-

外に出るのが気持ちの良い季節となりました。

ミッドタウン・ガーデンでは、つつじが満開です。

1  IMG_6271.JPG


ミッドタウンでは現在、初夏を楽しむイベント「OPEN THE PARK」を開催中。

今年は『Art Picnic』と題し、新緑の中でアートを楽しみながらお過ごしいただける、様々なイベントを行っています。

コンシェルジュのイチオシは、「アートこいのぼり」。


"子供の成長を願う"をテーマに、アートディレクターの浅葉克己氏や佐藤可士和氏をはじめ、国内外のクリエイターがデザインした約80体のこいのぼりが、新緑の中を泳ぎます。

2-3 IMG_6235.JPG

2 IMG_6259.JPG

カラフルなこいのぼりが気持ちよさそう。


世界に一つだけのミッドタウン・オリジナルこいのぼりが泳ぐのは今年で3回目ですが、今回新しい試みがあります。

3 IMG_6212.JPG

「こいのぼり"お気に入り"コレクション」です。


こいのぼりの横に立つ看板のQRコードをお手持ちのスマートフォンで読み込むと、

18QR画面.png

お気に入りのこいのぼりコレクションができあがります!

6 IMG_6305.JPG


コレクションしたこいのぼりは、アトリウムにある「3Dホログラム体験スポット」で"3Dホログラム"風アニメに変身。

スマートフォンの画面から浮き上がって見えますよ。

18ホログラム.png


7 IMG_6322.JPG

こいのぼりといえば、「子供の日」。日本の伝統行事の一つです。

特に外国人のお客様から「こどもの日に『こいのぼり』を飾るのはなぜですか」といった、日本の文化についてのお問い合わせも多数いただくこの頃。

当たり前過ぎて意外と説明が難しい日本文化に、改めてきちんと向き合うことができ、改めて勉強になります。

(この答えは、館内インフォメーションカウンターやパンフレットラックに設置の専用パンフレットをご覧ください)



そしてこんな気持ちの良い日には、美味しいものをテイクアウトし、ガーデンでゆっくりいただくのもおすすめ。

本日、コンシェルジュはこちらをテイクアウト。

14 IMG_6206.JPG

SAKE SHOP 福光屋 「甘酒アプリコットネクター 756円(税込)」

厳選されたお米を丁寧に醗酵させたノンアルコールの「糀甘酒」を、アプリコットネクターで割ったドリンクです。お米のやさしい甘味にアプリコットの爽やかな香りがぴったり。

オレンジと白の2色の層が美しいドリンクですが、いただくときはよく混ぜて。

濃厚なアプリコットネクターの酸味が甘酒独特の味を包み込み、柔らかい甘味だけがほのかに感じられ、相性抜群。甘酒のお米の'つぶつぶ'が果肉入りのジュースのような口当たりでさっぱり。甘酒はちょっと苦手、という方にも好評なのだとか。


都会の真ん中で澄み切った青空の下、爽やかな風に吹かれて新緑の中を泳ぐこいのぼりを楽しみながら、冷たいドリンクで喉を潤しました。



ほかにも、直径約2.5mの大きな口を開けた巨大なこいのぼりの中をくぐる「こいのぼりくぐり(5月3日~6日)」、真っ白なこいのぼりをキャンバスに、絵や模様を描くワークショップ「アートこいのぼりをつくろう(5月4日、5日)」、デザイナーが手がける、約30枚のオリジナルピクニックシートが並ぶ「Picnic Sheet Exhibition(5月7日~27日)」、ハワイにいるような時間を過ごせる「ALOHA GARDEN(~5月27日)」など、ミッドタウンガーデンを中心に、魅力的なイベントを多数ご用意しています。

11 .JPG

12 IMG_6266.JPG


詳しくはミッドタウンオフィシャルH.P.をご覧いただくか、コンシェルジュまでお気軽にお問い合わせください!



TOKYO MIDTOWN 「OPEN THE PARK」 4月20日(金)~5/27(日) http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/openthepark/

2018年04月13日
初めて会うのに懐かしい存在
-ZANELLATO-


皆様、こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。



東京ミッドタウンは、おかげさまで3月30日に11周年を迎えました。

ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝しております。

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。


18ザネ1.JPG

今日は、ミッドタウンの誕生日と同じ日にオープンした店舗「ZANELLATO(ザネラート)」に伺いました。


18ザネ3.JPG

「伝統」と 「新しいデザインに対する飽くなき追求」とのハーモニーをモットーとし、1976年イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァにて創業したレザーブランドです。

18ザネ4.JPG

中でも注目のアイテムは、「POSTINA(ポスティーナ)」と呼ばれるバッグ。こちらは1950年代のイタリアの郵便配達人が実際に使用していたポストマンバッグにヒントを得て、現代に蘇らせたモデルであり、「ZANELLATO」のアイコニック的な存在です。

18ザネ5.JPG

「POSTINA DAILY Sサイズ」 78,000円(税抜)


「ZANELLATO」初体験の方は、まず、この型「POSTINA」をお求めになることが多いとか。

メンズサイズの「MARCAPUNTO」から最少サイズ「BABY」までサイズ展開され、カラーバリエーションも豊富。

柔らかくてキズや汚れに強いシボ革(グレインレザー)を使用しており、使い込む程に増す"くたっ"とした味わいがとても魅力的です。


18ザネ6.JPG

メインの収納部分は中央に仕切りがあり、本やファイルなどがバッグ内で倒れて寝てしまうことも無さそうです。ファスナー付きのポケットの他、携帯電話や小物などを入れるのに便利なポケットが2つ。


18ザネ7.JPG

さらに鍵やカードホルダーなどに便利なストラップが付いており、使い勝手も抜群。

名前の通り、毎日活躍してくれること間違いなしです。


こちらは季節のアイテム。

18ザネ8.JPG

「NINA BABY FIASCAIA(ニーナ ベイビー フィアスカイア)」 78,000円(税抜)


鮮やかなブルーが目を引きます。


強く、自立していて好奇心旺盛な女性をイメージした"NINA"は、フラップを留める長いバンドが目を惹くデザイン。バンドに手を通してクラッチ風に持つこともできる仕様になっています。

個人的に特に気に入っているポイントは、太めのストラップとバッグの底の部分。

18ザネ9.JPG

底の波模様のステッチは、ハガキの消印からインスパイアされたデザインで、他のバッグの型押しレザーにもつかわれている「ZANELLATO」特有の模様です。


無駄な装飾はそぎ落とし、形と素材、そして使い心地にとことんこだわる。

伝統と革新を同時に追及し、職人によるハンドメイドにこだわった確かな製品づくりが、持った途端に手や体になじむ、「初めて会うのに懐かしい」感覚のレザーアイテムを生み出すもとになっているようにも思いました。


ミッドタウンコンシェルジュも、皆様にとってそのような存在であるよう、頑張ります。


バッグの色の美しさや使い心地の良さは、ぜひ店頭でご覧ください!




ZANELLATO  ガレリア2F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0018002/

2018年03月26日
情報発信基地へようこそ!
- KONCENT -


日に日に春らしさを感じる日々、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ミッドタウンでは春のイベント「MIDTOWN BLOSSOM 2018」がスタートしました。 18CON01.JPG

春の空気に包まれて、今日はこちらのお店に伺います。


KONCENT(ガレリア3F)

02.JPG

こちらは3月1日にオープンしたばかりのお店。 様々なデザイナーやメーカー、産地のプロダクトを揃え、日本のものづくりの魅力を発信しています。

デザイン性の高さに惹かれて手に取ると、実はしっかりと裏打ちされた機能性・実用性の高さに驚かされる、生活用品の数々が揃っています。

03.JPG

04.JPG

日常生活がより楽しくなる、魅力的で彩り豊かなアイテムがいっぱい。ひとつひとつ手に取ってじっくりと見入ってしまいます。


今日伺ったのは、先日、店長から新情報を入手したため。 「出店してから少し経ち、ミッドタウンとミッドタウンにいらっしゃるお客様の雰囲気が少しずつ分かってきて、そこに合わせたイベントを思いつき、開催する予定です」とのご連絡をいただいたのです。 題して「有田焼 なみだつぼ」フェア(~4月15日(予定))。

実は昨年、各支店を巡回しながら行ったイベントで、大変ご好評をいただいたものだそうです。最近、そのメーカーから「新商品ができた」との連絡が入ったこともあり、ミッドタウン店独自で、出店後初のイベント開催に至った、とのこと。

店舗に伺うと、前日までの賑やかな雰囲気から一転、

10.JPG

「なみだつぼ」 白磁 1,600円 染付・赤絵 各3,000円 (全て税別)


シックな雰囲気の中にも、KONCENTらしい可愛らしさが光るディスプレイです。

「なみだつぼ」とは古代ローマで悲しみから流す涙を入れる為に使われていたというもの。

愛くるしい形状は1 6 0 0年代の初期伊万里時代から有田で焼かれた壺をモチーフに作られました。職人さんの技がギュッと凝縮され、400年前に作られていた古来より伝わる形を五分の一程度に縮小した手のひらサイズです。
14.JPG

小さいながら存在感のある壺は一輪差として野で摘んできたお花でも素敵に生活を彩ります。

一つだけ飾っても、いくつかまとめて飾っても。 お花を活けないときも、インテリアとしてその存在感が素敵。

それぞれ1個ずつ専用箱付きなので、プレゼントにもおすすめです。

16.JPG

この「なみだつぼ」もスタッフの方に解説していただきながら見ていたのですが、いつもスタッフの皆様の商品知識の豊かさに脱帽します。

お聞きしたお話から、商品とそこからあふれ出る物語・情報を通して、デザイナーさんや職人さんといった作り手の想いや情熱が、しっかり'手触り'として伝わってきます。


他にも、私がはやくもお世話になっているのが、ケーブルホルダーの「SHEEP」 500円(税抜)

05.JPG

荷物の隙間を埋めるパッキン材の軽さと丈夫さに目をつけ、作られたアイテム。軽くて丈夫なため、持ち運びもらくちん。

鞄の中の羊と目が合うと、ほっこり癒されます。


07.JPG

お弁当やパーティディッシュの飾り付けに「ANIMAL BARAN」 300円(税抜)


08-01.JPG

いつものお弁当も「ANIMAL BARAN」が入ると...

09.JPG

賑やかなお弁当に早変わり。



足を踏み入れると、見ただけでは気づかなかった、隠れた商品の魅力をどんどん発見する「情報発信基地」のような存在。スタッフの方とお話しすると、自然とパワーをもらい、元気になれる場所。

皆様も是非、この「KONCENT」にご自身の心のプラグをつないでじっくり充電し、元気に春をお迎えください!



KONCENT ガレリア3F

2018年03月13日
心の故郷に還る香り
-bamford -

みなさん、こんにちは。


年度末に向かい、お忙しく過ごされている方もいらっしゃるかと思います。

変わりやすい気候の中にも、一歩一歩春のおとずれを感じる今日この頃。

タウン内を巡回していたところ...


やわらかな香りに引き寄せられて、こんなアイテムを発見。

18bf01.JPG

ウィローディフューザー 500ml 17,000円  250ml 9,600円 (共に税抜)


場所はガレリア2Fの「bamford」。

一見、森の奥に迷い込んだかのような雰囲気のファサード。

18bf02.JPG

オーガニック ボディケア、スキンケアなどを取り揃えたラグジュアリー プレミアム オーガニック スパブランドです。


こちらのアイテムは今年2月に発売開始となった新商品。 心地よい香りで包み込み、優しく漂うアロマディフューザーです。

強い香りが苦手な私でも、思わず惹かれたこの香り...

18bf09-1.JPG

エッセンシャルオイルはbamfordならではのブレンドを配合。

ボトルも、薬瓶をイメージした白いすりガラス素材にbamfordのロゴ「b」が白字で印字された、デザイン性の高さとナチュラルな雰囲気を兼ね備えたデザインです。

さらにリードは、環境保全に配慮した天然素材のウィロー(柳)リードを使用しています。

まっすぐなリード(ディフューザースティック)が多い中、本物の柳の枝を使用したリードを見るのは初めて。10本セットの中で全く同じものは1本もなく、ボトルに差し込むと、自然なままに伸びやかに広がっていく感じが素敵です。

香りは「インセンス」、「フィグ」、「ローズマリー」の3種類。

18bf10.JPG

どれも自然で素材の香りが楽しめるものですが、私は特に「インセンス」がお気に入り。'フレッシュコリアンダー'や温かみのある'ロックローズ'、不安な気持ちを忘れさせてくれる'アンバー'をブレンドした香りは、心が落ちつき、リラックスした穏やかな時間をあたえてくれます。


商品はもちろんインテリアまで、店内はナチュラルでシンプルなもので統一されています。

18bf11.JPG

18bf12.JPG

この香りやデザインセンスの良さは、創立者のキャロル・バンフォード氏の哲学にあります。

レディの称号を持つキャロル・バンフォード氏は、今からおよそ30年前、自らが所有するイギリス・コッツウォルズの農園でオーガニック栽培を始めます。その中から、「オーガニックで環境に優しいライフスタイルこそ、真のラグジュアリーである」という答えにたどり着くのです。

このライフスタイルを体現しているのが、『bamford』の製品たち。多くは、コッツウォルズの農園で栽培されるハーブの香りにインスパイアされたもので、数種類のベースオイルに、独自の調合で五感に働きかけます。



18bf13.JPG

レディ バンフォードの哲学

「体につけるものは、私たちが体内に入れるものと同じくらい重要です」


頭では分かっているつもりでも、実際、行動に移すことは難しいと感じる現代社会。 しかし、「難しく考えすぎですよ。もっと心の声に耳を澄ませてごらんなさい。答えはあなた自身の中にあります」と、キャロル・バンフォード氏が囁いてくれたような気がしました。


自分自身と向き合った時に、心地良くリラックスできる香り。

優しい香りにつつまれて、体はもちろん、精神まで心の故郷に還ります。



bamford    ガレリア2F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000092/

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed