Tokyo Midtown Concierge Blog

東京ミッドタウン・コンシェルジュのブログです。日頃お客様と接するなかで感じた心あたたまるお話や商品、イベントなどの紹介を綴ってまいります。ぜひご期待ください。

Tokyo Midtown

2017年07月07日
毎日の生活にちょっとしたご褒美を
- shiro HOME -


こんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


梅雨に入りじめっとした天気が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

17shiro-6.JPG


本日は、こちらのお店にやってまいりました。

17shiro-1-2.JPG

shiro HOME(ガレリア3F)

自然派コスメティックブランド「shiro」が手掛けるライフスタイルショップ。

毎日使うホームケアに、上質な香りと使い心地を追求した商品が揃います。


17shiro-2-2.JPG

お店が近づくにつれてふんわりと、やさしい香りが漂います。

店内には様々なアロマディフューザーが並びますが、お店の入口では定番である「サボン」の香りのアロマを焚いているそうです。

洗練された印象でありながら、ぬくもりを感じるやわらかな雰囲気の店内です。


コスメやフレグランス等が人気の「shiro」ですが、東京ミッドタウンの「shiro HOME

」では「ホームケア」に特化しており、こちらのお店でしか手に入らない商品も多くあります。

北海道の工場で丁寧に作られた商品の原料は、国産のものにこだわり、安心してお使いいただけます。


「自分たちが毎日使いたいものしか販売していません」と、スタッフさんが商品一つ一つを丁寧にご紹介してくださったのですが、

中でもコンシェルジュが気になった商品はこちら。

17shiro-3.JPG

『shiro サボン ランドリーリキッド』...2,500円(税別)


shiro初の洗濯用洗剤。大人気のサボンの香りを、お洗濯でもお楽しみいただけます。

ソフナーは以前から販売されていたのですが、こちらのお店ではBIGサイズのご用意もございます。

お肌にやさしい植物由来の洗浄成分で、しっかり汚れを落としてくれます。


17shiro-4.JPG

さらに香りを楽しみたい方はファブリックソフナーと一緒にお使いいただくことをおすすめします。


スタッフさんから特別な使い方をうかがいましたので、皆様にもご紹介いたします。

洗濯用洗剤とソフナーには様々な香りがあるのですが、それぞれ別々の香りを組み合わせてお楽しみいただくこともできるそう。


実際にミストを使って試してみたのですが、「サボン」の清潔感のある香りに、「ホワイトリリー」の香りをプラスすると、女性らしい清楚な香りに。

数量限定で販売されている「マンダリンオレンジ」の香りをプラスすると、夏らしいフレッシュな香りになりました。

それぞれがやさしい香りだからこそ、別々の香りが混ざり合ってもうまく調和し、心地よい香りに馴染んでくれます。

中でも「サボン」はどの香りにもマッチしやすく、ブレンドしたい方に一番のおすすめだそうです。



気持ち良く晴れた日はもちろんですが、曇り空でスッキリしない日、梅雨時でどうしても室内に干さなければならない日も、「shiro HOME」の洗剤を使えば癒しの空間に。

毎日のお洗濯がちょっとしたご褒美の時間になりそうです。


17shiro-5.JPG


3月末にオープンしたばかりのお店ですが、既にリピーターのお客様も多く、在庫がなくなってしまう商品もあるそうです。

ぜひお早めに、店頭にて癒しの香りを体験してみてはいかがでしょうか。



shiro HOME ガレリア3F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0017001/

2017年06月09日
だし茶漬け屋さんの万能出汁
- だし茶漬け えん -

みなさま、こんにちは。


17えん01.JPG

梅雨の足音を感じられる季節、

さっぱりとした美味しいものを探しにこちらへまいりました。


だし茶漬け えん

17えん02-1.JPG


お茶漬けの概念を変える、極上のだし茶漬けのお店。

ミッドタウン10周年を機に、3月31日にオープンしました。

和食屋さんの本格的な味が気軽に楽しめる、ヘルシーなファーストフードをご提供しています。


店頭にはテイクアウト用のおにぎりやお惣菜も。

17えん04.JPG


17えん06.JPG

こちらのおにぎり「焼きアジと高菜」(1個/221円(税込))と「食べるラー油ととうもろこし」(1個/201円(税込))は5月25日からの期間限定販売。暑い時でも、食欲が湧きそうなおにぎりです。


どの商品にも共通する、一番の自慢は「素材へのこだわり」。

特にだし茶漬けの肝となる『出汁』へのこだわりは相当なものです。


最適な温度のお湯で昆布といりこのうまみを一気に引き出し、宗田節・鯖節・鰹節の香りとコクを加えた和風出汁に、さらに鶏がらスープを合わせます。酒・味醂・白醤油・焼き塩で味を調え、全ての素材をなじませたら、黄金色の上品なお出汁の出来上がり。

17えん07.JPG


その手間暇かけたプロの味をご家庭で手軽に再現していただける魔法の一本が、

こちら。

えん09.JPG

「だし茶漬け屋の出汁」(295ml、648円(税込))


基本は「出汁1:10水」で希釈してお使いいただく調味液。

美味しそうなだし茶漬けの香りに誘われ、こちらを購入。

「2017春夏」レシピブックもいただきました。さっそく試してみます。


17えん11.JPG

・豆腐とじゃこのサラダ お出汁ドレッシング 柚子胡椒風味

17えん14.JPG

冷蔵庫にあった野菜と豆腐をお皿に乗せて、軽く炒ったじゃこをのせました。

お出汁とEVオリーブオイル、酢、柚子胡椒を混ぜ合わせるだけで、簡単にさっぱりとしたドレッシングが出来上がります。

普段の食材でもオリーブオイルが入ることで、ちょっとおしゃれな雰囲気に。

なによりも、お出汁とオリーブオイル、柚子胡椒の絶妙なバランス、マッチングに驚きです。


次に自己流でアレンジ。

・肉じゃが・・・ならぬ、タコじゃが

17えん12.JPG

野菜とタコを煮込んだら、味付けはほんの少しの醤油の他はお出汁だけ。

複雑なお出汁の味がじゃがいもの甘みと絡まって、さっぱりとしたを旨味を引き出し、優しい味になりました。


・わかめときゅうりと青柳の山葵和え

17えん13-2.JPG

お出汁に酢とみりんを少々混ぜ、最後に山葵をといたものに、わかめときゅうりと青柳を和えてみました。

しっかりとした味のお酢も、お出汁が入ることによって柔らかい味へと変化。山葵のほのかな辛味でさっぱりといただけます。


この1本で幅広くお料理に活用できることはもちろんですが、なんといっても簡単に専門店の味を楽しめるところが最高です。


梅雨が過ぎれば暑い夏、台所に立つのが少し大変な季節がやってきます。

「だし茶漬け えん」のお出汁で、お手軽に本格的な味を楽しんでみませんか。

プレゼントにも、おすすめです。




だし茶漬け えん ガレリアB1

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0017005/

2017年05月16日
鶏専門店のこだわりスイーツ
- 鶏三和 -

みなさんこんにちは。ミッドタウンコンシェルジュです。


今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?天候にも恵まれ、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。


さて、本日はこちらのお店にやってまいりました。

17三和1.JPG

鶏三和」ガレリアB1


名古屋コーチンを使用した親子丼が人気のお店。以前あった場所から移転し、3月31日にリニューアルオープンしました。

改装中には「あのお店はなくなってしまったのか」と、残念がるお声が多くございましたが、イートインスペース、テイクアウトやお土産商品も増えパワーアップ

17三和2.JPG

17三和5.JPG

17三和4.JPG


17三和6.JPG

コンシェルジュも、この濃厚な卵とぷりっとした鶏肉の親子丼が大好きなのですが、新たにスイーツメニューが登場したということで、今回は「スイーツ」に注目してみました。

中でも目を引くこちらの商品をご紹介いたします。


17三和7.JPG

「たまごぷりん」1,296円(税込)


1年間で1羽につき200個から250個しか卵を産まないと言われている稀少な名古屋コーチンを100%使用したプリン。

17三和8.JPG


ケーキのような竿型のプリンは、包丁などで切り分けて頂きます。

17三和9-2.JPG


もっちりとした弾力となめらかさのある、初めての食感のプリンでした。

たまごの濃厚な甘さを、ほろ苦いカラメルソースがバランスよく引き立てます。

濃厚で鮮度の高いたまごと良質な生クリームを絶妙な割合で組み合わせたことで生まれた、なめらかな口当たりと程よい甘さ。卵の味がしっかり伝わるプリンです。


手土産におすすめのプリンですが、店内のイートインスペースでもお召し上がりいただけます。

他にも、これからの季節にぴったりな、名古屋コーチンを使用した「カスタードソフト」など、鶏専門店によるこだわりのスイーツをお楽しみいただけます。(14時からの販売)

17三和10.JPG


お食事のデザートやお買い物の休憩の際、ぜひお立ち寄りくださいませ。




鶏三和

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0017006/

2017年04月23日
『杉』の秘められた力
- HIDA -

皆さんこんにちは。


ミッドタウンガーデンが美しい新緑に包まれている今日この頃。

17HIDA14.JPG


本日は、こちらにやってきました。

17HIDA01.JPG


HIDA」(ガレリア3F)は、3月31日にオープンしたばかりのお店。1920年創業の家具メーカー、飛騨産業株式会社のインテリアショップです。


店舗入り口付近の共有スペースには「お客様に実際に座っていただき、HIDAをより広く知ってほしい」との思いから、同社特製のサークルベンチが。

17HIDA02.JPG


店内には樹のぬくもりあふれる上質なインテリア空間が広がります。

17HIDA03.JPG


17HIDA05.JPG

こちらは節目が美しい杉材のチェア。手触りも良く、思わず見とれてしまいます。

17HIDA06.JPG

「EM201チェア」 55,000円(税別)


「作りたいものがあって、『杉』を選んで使ったわけではないのです。『この杉をなんとか利用できないか?』と考えに考えて、このかたちになったのですよ」と、辰巳良一副店長が声をかけてくださいました。


現在、日本列島に広がる森林の大部分は杉の木によって形成されています。健全な森林とするには間伐などの手入れをする必要がありますが、杉の特性である柔らかさは、家具などに利用するには短所となります。

そこで飛騨産業では、杉材を有効利用するために、家具に適した堅さを出す「圧縮技術」を開発・導入されました。


辰巳副店長は、「『地球の環境破壊につながる杉を巧く利用することで、なんとか数を減らすことが出来ないか』というところからスタートしたわけです。純粋に家具そのものにご興味をお持ちのお客様にも、この経緯をお話しすることで、強い関心をお持ちいただいています」とも仰っていました。


ふと目をやると、可愛らしい小物類が・・・。

17HIDA08.JPG

「こちらは家具には使えない木材や、山を守る為に枝打ちされた枝葉など、樹木の恵みを余すところなく活用する研究の結果、生まれたもの。


このエッセンシャルオイルは、枝葉の樹液から高圧水蒸気圧搾蒸留(HPS)法で成分を抽出した100%天然・無添加の精油です。

アロマオーナメントは特許技術を活用した曲がる木材(柔軟性を持った木材)で作製。木材が液体を吸い上げる力を利用して香ります。ちょっとしたプレゼントにもおすすめですね。」と辰巳副店長。

早速、「杉」素材の2点を購入。

17HIDA09.JPG

左:「Aroma Ornamentスギ」700円(税別) 右:「ESSENTIAL OIL スギ」1,500円(税別) 


封を開けると、オーナメントそのものからもふんわりと杉の香りが。

説明書を見ながら組み立て、オーナメントにオイルをしみこませて完成です!

17HIDA10.JPG 17HIDA11.JPG

17HIDA12.JPG

スギの甘い香りは脳や自律神経に直接作用し、鎮静リラックス効果があるといわれています。オイルはお風呂に数滴たらすのもおすすめ、とのこと。


飛騨高山に生まれた確かな技術を受け継ぎながら、時代に合わせ新しい事柄に挑戦していく匠の心。

何よりも「樹の命を余すことなくいただき、育てるモノづくり」を大切にすすめているところに感銘を受けました。


このほかにも、様々な木材を使ったあたたかい家具をご覧いただけます。

樹の命のぬくもりに触れに、ぜひ「HIDA」へお越しください!





HIDA ガレリア3F

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0017002/

2017年04月14日
新たなスタート
- TLB home -

春らしい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


今年もミッドタウンの桜はこんなに綺麗に咲きました。(4月6日・満開時)

17TLBH1IMG_3481.JPG


そんな中、東京ミッドタウンは3月30日に、「10周年」を迎えました。

リニューアルをしたお店、新しくオープンするお店なども多く、館内の雰囲気も新鮮です。


今回は、10周年を機に新たなスタートを切ったこちらのお店、「TLB home」(ガレリア3F)をご紹介いたします。

ミッドタウンオープン当初から、変わらず、質の良いベルギーリネンやオーダー商品を取り扱っていた「LIBECO HOME」から、改装期間を経てリニューアルオープンいたしました。

17TLBH3.JPG


「LIBECO HOME」の雰囲気が大好きだった私は改装と聞いてさみしい気持ちもありましたが、以前の温かな雰囲気はそのままに、すっきりとした店内に大変身。

リニューアル後の今も、ついつい寄ってしまう大好きなお店です。


商品も「LIBECO HOME」の強みであるベルギーリネンを残しつつ、リネンに合ったインテリア雑貨等を揃えパワーアップ。


17TLBH4.JPG


17TLBH5.JPG


中でも、こちらのテーブルウェアのエリアはこだわりがぎゅっと詰まっていました。

17TLBH6.JPG


「コホロ」で取り扱っている和食器から、「TLB home」の雰囲気に合ったものをセレクトしているそう。「ベルギー」のリネンと「日本」の和食器、素人の私から見ると馴染みがない組み合わせですが、どちらもやさしい色合いで意外にも相性ばっちりなのです。


「お客様には、そんな「洋」と「和」の組み合わせを楽しみながら選んで頂きたい」というスタッフさんの想いが詰まっています。


また、こちらのお店、商品が素敵なのは勿論ですが、ディスプレイも可愛らしく、ついつい立ち寄ってしまいます。

17TLBH7.JPG


17TLBH8.JPG


「家にあったらいいな」「こんな風に使いたい!」などイメージの湧いてくるようなさり気ないディスプレイが魅力的です。

本社スタッフの方が定期的に店舗へ来て、ディスプレイを考えているというこだわりも。


温かな空気感とぱっと目を引く商品は、スタッフのみなさんのこだわりや想いが伝わってくるからでしょうか。


ぜひ皆様も新たにスタートした「TLB home」に一度足を運んでみてください。

心温まる素敵な商品に出会えるはずです。

17TLBH9.JPG




TLB home(ガレリア3F)

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000109/

2017年03月28日
お弁当箱に「春」と「想い」をつめこんで
- とらや -

みなさん、こんにちは。


春の足音をそこここに感じる今日この頃。

清々しく気分を一新し、お弁当箱も新しいものを、と探していたところ

ガレリアB1でこちらのイベントに遭遇。

1 IMG_3413.JPG 2 IMG_3367.JPG


とらや市は「とらや 東京ミッドタウン店ギャラリー」が、改めてその実用性や美しさを見直すきっかけを届けたい、と、食にまつわる実用的な道具を紹介する企画展。

このとらや市の今回のテーマが『弁当箱』! 

暖簾をくぐり、中に入ってみます。


ギャラリーでは自然素材でつくられた弁当箱を中心に、曲げわっぱや飯行李など10種以上の弁当箱をご紹介。その特徴を、料理家の長尾智子氏が中身を詰めた弁当の写真とあわせて展示しています。

5 IMG_3379.JPG 4 IMG_3380.JPG


雑誌「暮しの手帖」に掲載された、弁当箱に関する時代ごとの記事や、

8 IMG_3386.JPG 9 IMG_3391.JPG


ANAグループ機内誌『翼の王国』にて連載中の「おべんとうの時間」より抜粋した弁当の写真展示も。

11 IMG_3415.JPG 12 IMG_3401.JPG


近年、日本のお弁当は外国の方々にも「Bento」として、世界的な広がりをみせているようです。

こちらの展示のキャプションは全て日英の2か国語対応になっているので、外国からのお客様にもおすすめしやすいです。


展示を見ていると、学校行事や旅行で食べたお弁当が思い出されました。普段食べているものとそれほど変わらないのに、弁当箱に詰まっているだけで何か特別な気持ちになり、美味しく感じたことを覚えています。お弁当とそれにまつわる沢山の事柄とが結びつき、思い出としてしっかりと記憶される・・・。食べものを詰めて運ぶだけにとどまらない、「弁当」の魅力は、こんなところにもあるのかもしれません。


早速、一目ぼれした「すり漆丸小判型弁当箱 大 (10,584円、税込)」を購入。

15 IMG_3370.JPG

ヒノキの特性を生かしたすり漆の弁当箱は通気性があり、ご飯がおいしくいただける、とのこと。手作りであるため、美しい木目や色味がひとつひとつ違っています。使い続けると、色の変化が楽しめるのだそうです。

購入時には、春らしい手提げ袋に入れていただきました。わくわくした気分がさらに高まります。

16 IMG_3422.JPG

(※春の手提袋は数量限定のため無くなり次第終了)


さっそく、展示をヒントに旬の食材を入れたお弁当を作ってみました。

ほのかなヒノキの香りに包まれ、特にご飯がおいしくなっています。

さわり心地もプラスチックとは違う温度感で、職人の方の手のぬくもりがそのまま伝わってくるようでした。

食べ終わった後の扱いは、他の弁当箱と一緒。お手入れ簡単です。

17-2 IMG_3425.jpg



東京ミッドタウンは、おかげ様で2017年3月30日に10周年を迎えます。

10周年の記念イベントと合わせ、タウン内では春のイベント「MIDTOWN BLOSSOM 2017」を開催中です。


タウンと同じく10年を経たころ、このお弁当箱はどんな色になるのでしょう。そちらも、とても楽しみです。



とらや

http://www.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/SOP0000041/

東京ミッドタウン店内ギャラリー(ガレリアB1)



『とらや市 弁当箱』

会期:2017年3月17日(金)~7月31日(月)

About Concierge
Categories
Recent Entries
Back Number
Rss Feed